一般社団法人日本MOT振興協会

ホーム事業内容›事業内容

事業内容

科学技術、産業技術が主導する経営戦略の進展を図る

当協会は、MOTに関する広範囲な調査研究、研究開発、人材育成及び啓蒙普及、更に国際的な協調事業を行うことによって、我が国の科学技術、産業技術が主導する経営戦略の進展を図ると同時に、世界に役立つ我が国の経済社会、学術の発展及び国民生活の向上に寄与することを目的として各種事業に取り組む。

現在、MOTに対する捕らえ方は様々であり、それぞれの立場でニーズは異なり、求められる情報も異なる。 会員の要望を最大限に尊重して、MOTに関連する様々な課題に取り組む。

初年度の事業計画、政策首脳懇談会 MOTに関連する政策当局の大臣や科学・産業技術問題に詳しい国会議員と当協会の産学の主力メンバーとの懇談会を会長主催で開催
研修・人材育成事業、研修事業 (1)MOT入門講座
(2)「MOT実践エグゼクティブ・スクール」事業の展開
 
ポストドクター委員会
グローバル競争に対応し、ガラパゴス化した日本の特許体制を抜本的に改善する。著作権など関連法規も刷新を研究する。
 
MOT人材供給 柔軟で変化に敏速に対応できるグローバルな人材育成策を政官産学で研究する。
 
MOT教材開発 女性、特に理工系女性のキャリア開発、女性技術者・研究者の役員・管理職への登用、継続就業と能力発揮など女性の活躍のための環境づくりを研究する。
調査・研究事業、調査事業 (1)MOTに関する最先端技術研究情報ネットワーク化の実態調査
(2)M&Aの実態調査
(3)知的財産マネジメント戦略調査など
研究事業 (1)企業におけるMOT戦略研究
(2)リスクマネジメント研究
(3)サービス・イノベーション研究など
啓発事業 (1)MOT関連シンポジウム、
(2)会報、ホームページなど広報活動、(3)出版事業
 
国際交流事業 (1)アジア諸国とのMOT提携プロジェクト構築の検討
(2)MOT海外視察団派遣と国際連携ネットワークづくりの検討などに取り組む。
Copyright © 2009 Japan MOT Association. All rights reserved.