一般社団法人日本MOT振興協会

ホーム›トレンドを読む

トレンドを読む

このコーナーは、MOTをリードしている政官産学等の論客に登場を願い、現代の世界と日本の置かれている状況を、MOTの観点から横断的かつ的確に分析し、技術(科学、産業)変革と経営新戦略の展望を示すシリーズである。

(1)吉川 和輝(よしかわ・かずき) 日本経済新聞社 科学技術部編集委員

写真

≪略 歴≫
1960年生まれ。
82年に日本経済新聞社入社。
地方部、産業部、ソウル支局、科学技術部の記者、
科学技術部長を経て2009年4月から現職。


基礎物理の新発見が技術開発を激変へ(2012.2.20)

科学イノベーションが必要なわけ(2011.11.25)

サイバー攻撃の脅威強まる(2011.9.1)

退きつつも攻めるMOTを(2011.6.15)

ポスト3・11 MOTにも変革迫る (2011.3.25)


(2)加納 信吾(かのう・しんご) 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 准教授

写真

≪略 歴≫
1989年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了、1999年東京大学工学系大学院先端学際工学専攻博士課程中退、2002年博士(学術)、1989年野村総合研究所、1998年野村證券株式会社、2002年アフェニックス代表取締役、2006年〜2009年芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科教授、2009年4月〜2011年3月大阪大学先端科学イノベーションセンター客員教授。2008年7月東京大学大学院新領域創成科学研究科特任教授、2013年7月同研究科メディカルゲノム専攻イノベーション政策研究分野准教授(現在)


マグネシウム文明の予兆(2014.12.5)

第三の水がもたらす漁業革命(2014.9.30)

フードロンダリングへの対処(2014.6.15)

新エネルギー開発の優先課題(2014.2.30)

ポジティブリストとネガティブリスト(2013.11.30)

スマートビエラの快挙(2013.7.31)

資源大国のシナリオプランニング(2013.5.31)

草の根イノベーションと日本文明(2013.1.17)

中韓からの戦略的撤退(2012.10.5)

日本版エクソンフロリオ条項(2012.8.31)

経済報道とWEB2.0(2012.5.21)

スマートフォン特許紛争の本質(2012.2.20)

さあ、国益の議論を始めよう(2011.11.25)

第二の敗戦革命(2011.9.1)

1,000兆円の財源(2011.6.15)

震災復興の需要表現 (2011.3.25)


(3)森 一夫(もり・かずお) 日本経済新聞社 特別編集委員

写真

≪略 歴≫
1972年 早稲田大学経済学部経済学科卒業
同 日本経済新聞社入社。産業部記者、日経ビジネス編集記者を経て、日経ビジネス副編集長、産業部編集委員、論説委員を歴任
1999年8月 コロンビア大学 東アジア研究所・日本経済経営研究所 客員研究員
2003年4月 早稲田大学大学院公共経営研究科 客員教授
論説副主幹兼産業部編集委員、特別編集委員兼論説委員を経て2010年4月より現職。
著書に『日本の経営』(日本経済新聞)、『中村邦夫「幸之助神話」を壊した男』(日本経済新聞)など。


市場創造は科学とビジネスの二人三脚で(2013.1.17)

海外から人材を「安全な国日本」に呼び込め(2012.10.5)

パラダイム変える開発の中心に人あり(2012.8.31)

ヒット商品欠乏症 一から出直し創意再生 (2012.5.21) 


(4)久保田 啓介(くぼた・けいすけ) 日本経済新聞社 編集委員兼論説委員

写真

≪略 歴≫
1987年 早稲田大学理工学部応用物理学科卒。
同年 日本経済新聞社入社 科学技術部、産業部、日経サイエンス編集部などで科学技術分野全般、産業政策などを取材。
2008-09年 阪神・淡路大震災復興記念財団人と防災未来センター(神戸市)研究調査員を兼務(現在、同センター・リサーチフェロー)。2009年9月から現職。


海洋国家ニッポンの生きる道(2014.2.30)

ネット授業で人材囲い込みに動く米国(2013.11.30)


(5)鳥井 弘之(とりい・ひろゆき)

写真

≪略 歴≫
1942年東京都生まれ。1969年東京大学工学系研究科修士課程修了、日本経済新聞社入社。1987年〜2002年3月 論説委員。
この間、東京大学先端科学技術研究センター客員教授を兼務。
2002年4月〜2007年3月 東京工業大学原子炉研究所教授。
2007年9月 科学技術振興機構(JST)事業主幹、現在に至る。


「報償」ルールにも相互感謝を(2014.12.5)

強烈な「知の循環」の実現を(2014.9.30)

イノベーション人材と「第3の指摘」(2014.6.15)


米国 MIT留学報告

植田 麻記子 (うえだ・まきこ) 当協会主任研究員・MIT(マサチューセッツ工科大学)客員研究員

写真

≪略 歴≫
2011年慶応義塾大学法学研究科政治学専攻博士課程修了
同9月よりMIT(マサチューセッツ工科大学)ポストドクター研究員


オバマ離れする若者たち?:アメリカの若者と選挙を考える(2014.12.5)

ボストンマラソン爆発事件に見る米国の多文化・多民族社会を考える(2013.7.31)

ゴードンさん訃報で、フェミニズムを考える(2013.5.31)

大統領選挙とタウンミーティングに考える市民の政治参加(2013.1.17)

「日系人」に見る内なる国際化・グローバル化(2012.10.5)

「夏休み」が秋入学制度を決める(2012.8.31)

SNSの人間関係が現実社会を構築へ(2012.5.21)

インターネットが社会と価値を変革(2012.2.20)

「ポスト3.11」に生きる(2011.11.25) 


Copyright © 2009 Japan MOT Association. All rights reserved.